千里の道も一歩から

legs

叶えたい大きな夢があるのなら、迷わずまっすぐに進む
夢という大きなカタチになっていなくても
行きたい方向がぼんやりと見えればいい
こんな未来になったらいいなと、おぼろげに描ければいい

山の頂上に登るようにゴールを目指してもいい
大きな行先を決めて細かい道筋は状況に合わせ、来た波に乗っていくのもいい

なんとなく歩くよりも、目指して歩く方がいい

たったひとりの個人の力なんて
小さくて、ちっぽけで、弱くてたかがしれてる。
だけど、そのひとりの小さな力に強い意志と情熱が加われば
やがて大きな力になっていく

ひとりで歩けない時は、共に歩いてくれる人を探してみる
なかなか進まないときは、歩く速度を変えてみる
立ち止まって進めないときは、休んでみる

一時停止しても、後退しても、速度を調整しながら
諦めないで歩き続ける


長いと思っていた道のりも、歩き続ければかなり進んでいるはず
いつの間にか
見える景色が、素晴らしく変わっているかもしれない。

 

千里の道も一歩から・・・
望む未来があるのなら
いくつになっても諦めず、歩き続けましょう
いつかきっと辿り着くと信じて・・・。

 

 

Related Entry

縁は異なもの味なもの

rose

薔薇には薔薇の、ゆりにはゆりの美しさがある

時代の流れに敏感な子供達

ドラマのストーリー展開は?

喜びが生きる活力に!

女性の笑顔が世界をまるくする