ご機嫌な私をキープする

writing

「そのワンピース、とってもお似合いですね!」
「積極的ですね」
「文章書くのお上手ですね」

ちょっとした褒め言葉をいただくこと多いと思いますが、
その言葉、ちゃんと受け取っていますか?

「いえいえ、そんなことないです。」
「もっとスゴイ人はいる」
「私なんてまだまだ・・・」

私はこれくらい

自分自身を過小評価し過ぎると損をします。
嬉しい言葉も、受け取れないと意味がなくなってしまう。
せっかく頂いた言葉を無駄にしてしまうのは相手に失礼だし、
とにかく勿体ない。

年齢を重ねていくと、褒めてもらえたり叱ってくれる人は減っていきます。
貴重な意見や感想をいただけたことを素直に受け取って、自分に貯金しましょう。

私は「褒められノート」と称したノートを作って、
対面で直接頂いた言葉、コメントやメッセージで頂いた言葉を
忘れないよう書き貯めています。
凹んだ時、ちょっと辛い時、自信がなくなった時、ノートを開いて読み返してみる。

「あ~、私ってこうだっだんた!」

見返すことで、自信を取り戻し気分を上げることができます。

「褒められノート」は、自分をご機嫌にするアイテムのひとつ。
お気に入りのノートに書き貯めてもいいし、スマホのメモ帳に書き貯めてもいい。
自分で自分のご機嫌をとる術をいくつか持っておくと、毎日を豊かに過ごせます。

大人の女性として、自分のご機嫌は自分でとる

あなたは、自分のご機嫌をどんなカタチでとっていますか?

Related Entry

writing

目指すは賢い主婦

ハードルのない人生は、夢のない人生

人生のハンドルは?

いつまで待っても、棚ぼたはない

自分が自分を信頼できていますか?

想いだけが行ったり来たり