◆私は私を諦めない


言いたいことが言えない原因は
たぶん両親の口喧嘩。
その影響は
私に大きく影を落としたけれど
今まで育ててくれたことには、とても感謝しています。

完璧な人間なんていないし
両親は
社員を抱えながらの仕事と
家事育児と精一杯だったと思います。
何十年も前のことを
ほじくるのは、もう止めます。

それにしても
自分の満たされない何かが
承認欲求だったり
言いたい事が言えない事だったなんて愕然とします。


でもこれは
自分らしく生きるために必要なこと。

自分を殻に閉じこめたり
装ったりすると
違和感が生じるのは当たり前です。
だって本当の自分じゃないのですから…。

物分かりのいい
長女なんて演じずに
反抗して暴れておけばよかった。

後悔しても仕方ないけど
問題を先送りすると
時間と形を変えて、こういう事になります。

スキルや資格を身につけて
突き抜ければ満たされると
思っていたなんて
全くのお門違いでしたから、笑。

随分、遠回りしました

私はここにたどり着くまで
長い時間・労力・お金を使ってきました。
このモヤモヤの正体が何か
どうしても晴らしたかった。
諦められなかった。
なぜか、ここに強く執着する私がいます。

こうして
徐々に自分の内なる声を
明かすことができるようになったのは、
信頼できる人に少しづつ話ができるようになったからです。

私の言いたい事が言える状態というのは
心の中を全て吐き出すわけではなく
自分勝手、ワガママを通すのでもなく
思ったこと
感じたこと
考えてることを
できるだけそのままの形で
気持ちよく伝えること。

言った方が良いこともある。
言わない方が良いこともある。
時と場所、内容によって
見極めは必要です。

長い間、閉ざした心の扉が
ある日突然パカっと開くことは難しいので、
少しづつ開くように練習が必要です。。

そしてそれには
話を否定せずに聞いてくれる
信頼できる人が欠かせません。

心の内を聞いてくれる人がいると
安心感が違います。

配偶者や兄弟、パートナーが理想ですが、近すぎて言いにくいことあります。

たった1人でいい

心を許せる人がいて
本心を話せるようになると
話せる範囲が広がっていきます。

心の内を明かす事ができると
重たい鎧を脱ぐような
何かが溶け始めたように感じます。

1人に話せるようになると
徐々に話せる人が増えていきます。


最近は、重たい扉が開いて
私の中に光が差し込んできた
そんな感覚を味わっています。

人生は自分を知る旅

過去は過去として捉え
未来に向かって生きていく。

人は1人じゃ生きていけません
支えあって生きています。
必要な人
必要とされる人が必ずいます。
そして人は
人を通してしか変わることができないし
人は人と関わる事で幸せを感じます。

私の人生を取り戻すために
自分の人生のど真ん中を歩くために
私は私を諦めません。

そして
全ての人が心の声に素直になって、
正しく美しく輝き続けて欲しいと願っています。

だって
この世に生を受けたのは奇跡だし
私達は幸せになるために
生まれてきたのだから…♡

Related Entry

me

私の黒歴史その①生い立ち

pazzle1

私の黒歴史④後継者問題

◆感情は生きている

me

私の黒歴史③子育て

◆言いたいのに言えない

◆歴史は繰り返す