◆心の声をひとつまみ

言いにくいことを言うとき
人に物やサービスを勧めるとき
イラっとして反論したいとき

・お節介だと思われないか?
・売り込みだと思われるんじゃないか?
・こんな事を言ったら、嫌われるんじゃないか?

頭の中でネガティブなことを
イメージしていませんか?

ネガティブな事を先に考えてしまうと、
ブレーキがかかって行動がストップしてしまう。


後で、やっぱり言えばよかったと
後悔したり
思うような結果を得られないことになってしまいますよね。


これってとても勿体ないことです。
どうなるかわからないのに
ネガティブなイメージを優先させて
行動できないなんて…。

だって
どう思うかなんて
言ってみないと、わからないですから。

偉そうに言っていますが
以前の私がそうでした。

でもこれでは、
後悔ばかりが募り
現状は全く変わらない。
思うような結果は得られない。

そこで
どうしたらできるのかを考え改めました。

ネガティブなイメージは
一旦、脇に置いて
上手くいっているイメージを思い描く。

そして先にこちらの
心の内を正直に伝えています。

「お節介かなと思うんだけど、
ちょっと気になったから〜」

「あなたに必要だと思って…」

「気分を害したらごめんさいね。」

「気に触る事かもしれないけれど」

最初に
こちらの心の内を公表することで、お相手も心の準備をしてくれます。

正直に伝えることで
お互いの距離を縮め、心を開くことになる。

ちょっとした一言で
その後の対話がスムースに進むことが多々あります。

「言ってくれて、ありがとう」

私の不安はよそに
感謝されることがあったり
お申し込みに繋がることもあります。

ネガティブなイメージが
浮かんできたら
そっと脇に置いて蓋を閉める。

上手くいく事をイメージして動く。
そうすると
お相手に喜んでもらえます。
成功確率が上がります!
あなたの可能性が広がります。

行動にブレーキがかかりそうな時は
頭の中のイメージを
置き換えてみてください。

あなたの可能性は無限大!
是非お試しあれ♬

心の声に素直になって
あなたの可能性を広げよう

Related Entry

dice

ピンチをチャンスに変換する

コンプレックスは武器になる

終わりよければ全て良し

標準装備は正しく使おう

そこで諦めたらTheEND

complex

コンプレックスは武器になる